1日たった5分のストレッチで血圧が下がる!その方法とは>>



2017年04月08日

高血圧の原因には何があるのか?

man-7.jpg

高血圧になる原因には何があるのか?

これについては、まずこの病気について知ることが大事です。

この病気には・・・

本態性高血圧

二次性高血圧

この2つの種類があるんですね。


●本態性高血圧とは?

先ず、本態性高血圧というのは、これは主に生活習慣の乱れ、遺伝が大きく関係していると言われています。

生活習慣と言うには、食の乱れや運動不足、ストレスや睡眠不足等があります。

特に食生活の乱れている現代人は多いと言われています。

例えば、脂肪分の多いお肉中心の食生活だったり、塩分の摂り過ぎやアルコールを過剰摂取しているような人は、高血圧になりやすいです。

特に濃い味が好きなんて方は、塩分を過剰摂取している傾向にあるので減塩しなければいけませんね。

アルコールに関しては、適量飲む分には健康にも良いとされていますが、やはり飲みすぎはいけません。

そして、運動不足になっている人も要注意です。

運動不足が続けば、肥満にもなってしまいますので、日頃からウォーキングなどの有酸素運動を積極的に行うようにしましょう。

過度にストレスが溜まっている人や睡眠不足になっている人は、体を休ませるなど対策するようにしてください。

また、タバコを吸っていると血管は収縮するので、血流が悪くなり、血圧が高くなってしまいます。

ですので、禁煙することを強くお勧めします。

このように高血圧は悪い生活習慣が大きく関係しています。


●二次性高血圧

次に二次性高血圧ですが、これは腎臓の病気であったり、ホルモンの分泌異常など、何らかの疾患から高血圧となってしまいます。

ただ、その割合も1割程度と少ないです。

二次性高血圧の場合は、それら病気を治す必要があるので、治療をしなけれなりません。

病気が治れば、血圧も下がる可能性があります。

このように血圧が高くなる原因も様々あります。

はじめに生活習慣を改善させて、変化がないようなら、病気によるものかもしれないので病院で検査を受けるようにしましょう。

arrow32-001.gif高血圧の原因
こちらでは、高血圧になる原因や簡単な血圧改善法を紹介しています。
また、血圧に関する様々な知識をお伝えしていますので参考にしてみてください。
posted by りょうkouketuatu11ow at 10:21| 高血圧・知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

高血圧になる原因は座りっぱなしがある?

man-17.jpg

人によって高血圧になる原因は違いますが、もしかしたら座りっぱなしが関係しているかもしれません。

例えば、ディスクワークで同じ姿勢で座りっぱなしと言う人もいると思います。

そんな方は、血液の循環が悪くなり、それで血圧が高くなってしまいます。

ですので、なるべく体を動かすことが大切です。

また、高血圧になる原因としては、体が固いことも挙げられるので、ストレッチなどを行うようにすると血液の循環がよくなり血圧も下がっていくでしょう。

仕事でどうしても同じ体勢が続く方は、30分に一度とか、意識的に体を動かすことをお勧めします。

また、ウォーキングを行ったり、ふくらはぎをマッサージすることで血液の循環を良くなるので、血圧が高めと心配な方は、行ってみてください。

ちなみに座りっぱなしで体を使わなくなると、心臓病、糖尿病、筋力低下など様々な病気にかかるリスクが高くなります。

それにデスクワークの人は、猫背にもなりやすいので、スタイルも悪くなるなどのデメリットがあります。

猫背になってしまえば、肩や首が痛くなったり、内臓系の疾患になる可能性もあるので注意が必要です。

面倒でも、体を動かすような習慣をつけて健康を保つようにしてください。
ラベル:高血圧 原因
posted by りょうkouketuatu11ow at 10:14| 高血圧・知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

高血圧になる原因は気温の変動?冬のお風呂は注意しよう!

basutabu2.jpg

気温の変動が高血圧になる原因とも考えられます。

特に冬の季節は、お風呂に入る時などは注意が必要になります。

なぜなら、寒い脱衣所で裸になると、血管は収縮するので血圧が急に高くなるからです。

また、いきなり熱い浴槽に入ると交感神経が興奮して血管が収縮するので、一気に血圧が上がってしまい危険です。

その後は、緩やかに血圧も落ち着くのですが、お風呂上りに寒い脱衣所に行けば、それでも血圧は高くなってしまいます。

ですので、冬のお風呂は注意が必要になります。

高齢者の方の場合、お風呂場での事故が起きることもあるので気をつけなければいけません。

では、具体的にはどのように対策をすればいいのか?

先ず、温度差をなくすことが重要になるので、お風呂場と脱衣所を温めておくようにします。

浴槽にお湯を溜めて、シャワーを出しておくとそれだけでもお風呂場は温まります。

脱衣所では、ヒーターを用意するのがいいでしょう。

このようにすれば、温度差が少なくなりますので、お風呂場での事故が減ります。

そして、お風呂に入ったら、シャワーで心臓に遠い、足や手を温めてから全身を温めるようにしましょう。

体を洗い、浴槽に浸かる時も、いきなり入るのではなく、ゆっくりと入るようにします。

高齢の方は、お風呂に入る前に家族に声をかけておくのもいいでしょう。

お風呂で倒れないためにも、このような習慣をつけるようにしましょう。
posted by りょうkouketuatu11ow at 14:11| 高血圧・知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする