1日たった5分のストレッチで血圧が下がる!その方法とは>>



2017年01月19日

高血圧になる原因は気温の変動?冬のお風呂は注意しよう!

basutabu2.jpg

気温の変動が高血圧になる原因とも考えられます。

特に冬の季節は、お風呂に入る時などは注意が必要になります。

なぜなら、寒い脱衣所で裸になると、血管は収縮するので血圧が急に高くなるからです。

また、いきなり熱い浴槽に入ると交感神経が興奮して血管が収縮するので、一気に血圧が上がってしまい危険です。

その後は、緩やかに血圧も落ち着くのですが、お風呂上りに寒い脱衣所に行けば、それでも血圧は高くなってしまいます。

ですので、冬のお風呂は注意が必要になります。

高齢者の方の場合、お風呂場での事故が起きることもあるので気をつけなければいけません。

では、具体的にはどのように対策をすればいいのか?

先ず、温度差をなくすことが重要になるので、お風呂場と脱衣所を温めておくようにします。

浴槽にお湯を溜めて、シャワーを出しておくとそれだけでもお風呂場は温まります。

脱衣所では、ヒーターを用意するのがいいでしょう。

このようにすれば、温度差が少なくなりますので、お風呂場での事故が減ります。

そして、お風呂に入ったら、シャワーで心臓に遠い、足や手を温めてから全身を温めるようにしましょう。

体を洗い、浴槽に浸かる時も、いきなり入るのではなく、ゆっくりと入るようにします。

高齢の方は、お風呂に入る前に家族に声をかけておくのもいいでしょう。

お風呂で倒れないためにも、このような習慣をつけるようにしましょう。
posted by りょうkouketuatu11ow at 14:11| 高血圧・知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする