1日たった5分のストレッチで血圧が下がる!その方法とは>>



2016年10月26日

高血圧になる原因は血流の悪さ?玉ねぎで血流を改善させよう!

血流が悪いのは高血圧になる原因と考えられます。

なんで、血圧を下げるためには血流を改善させることが大事なポイントです。

そこで大きく関係するのが食べ物になります。

食事についても気をつけなければいけませんが、積極的に食べたい食材もあるんですね。

例えば、玉ねぎです。

tamanegi1.jpg

玉ねぎを食べると血液サラサラ効果が期待できるので、毎日の食事で摂り入れるようにすればいいと思います。

玉ねぎの成分には、硫化アリル、ケルセチン、グルタチオンなどの成分があるのですが、高血圧だけではなく他にも様々な効果があることが分かっています。

コレステロールや動脈硬化を予防したり疲労を回復、免疫力アップさせる。

さらに脂肪を燃焼する効果も期待できます。

このようの健康に良いことは分かっているので、積極的に食べることをお勧めします。

ただし、注意しなければいけないこともあります。

それは、スライスした玉ねぎを水にさらすと成分が流れてしまうと言う事です。

そうなれば、効果もなくってしまい非常にもったいないですよね。

一日に食べる量としては、50g程度でいいようです。

これは、中サイズの玉ねぎ1/4個程度なので無理なく食べれるでしょう。

玉ねぎの場合は、色々な料理で使うことができるのもいいところですよね。

玉ねぎ氷を作って、味噌汁や炒め物などで使うのもいいですし、酢玉ねぎにすればお酢の効果も加わるので血圧も下げやすくなります。

高血圧の人は、玉ねぎ食べる食習慣にするといいと思います。
posted by りょうkouketuatu11ow at 11:34| 高血圧・知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする