1日たった5分のストレッチで血圧が下がる!その方法とは>>



2016年10月08日

高血圧になる原因は塩分の摂り過ぎがある?

tyoumiryou1.jpg

高血圧になる原因としてよく言われるのが塩分の摂り過ぎです。

普段、あまり塩分のことを気にしないで食事をされている方もいるようですが、血圧が高いようなら減塩を考えた方がいいと思います。

特に濃い味が好き人は、注意が必要です。

おそらく塩分を過剰摂取している可能性が高いでしょう。

また、食事は、ほとんど外食なんて人も塩分の摂り過ぎている傾向にあります。

では、どのように減塩していけばいいのか?

確実なのは、自宅で調理の時に薄味にすることです。

そして、食べる時も醤油などつなけで食べると確実に減塩することができます。

ただ、そうはいっても、なかなか難しいのも事実でしょう。

ですので、はじめは、醤油をかけないで、つけるようにして食べるようにするだけも減塩にはなります。

また、醤油をミスト状のスプレーで吹きかけるのもいいと思います。

他にも、味噌汁にはなるべく具を多くいれて、汁は残すなどするのもいいですね。

ラーメンを食べる時もスープは必ず、残すようにするのも減塩になります。

クックパットには減塩レシピも数多くあるので、参考にしてみるのもいいでしょう。

つまり、工夫しだいで減塩する事は十分に可能ってことですね!

外食が多い人も減塩に意識を向けることで、塩分を抑えることができます。

最初は、薄味で満足しないかもしれませんが、高血圧に改善のためにも薄い味になれることがだ時です。

そして、その食生活を続けさえる事が重要になります。

血圧を下げる為にも、この機会に見直すようにしましょう。
ラベル:高血圧 塩分
posted by りょうkouketuatu11ow at 16:58| 高血圧・知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする