1日たった5分のストレッチで血圧が下がる!その方法とは>>



2016年10月06日

簡単な血圧改善法なら爪を揉みがいい!高血圧になる原因には・・・

高血圧になる原因は、その人によっても違いますが、血圧を下げるためにも何かしら対策をしなければいけません。

簡単な血圧改善法も色々あるのですが、自分で簡単にできるやり方を紹介します。

今回、「爪揉み」についてです。

爪の生え際は、神経が集中しているところでもあるんですね。

なので、その部分を刺激させることで血流がよくなります。

血流が良くなれば血圧も下がります。

ちなみに指によっても様々な効果が期待できます。

親指は肺などの呼吸器系

人差し指は胃腸などの消化器系

中指は耳の症状に効果 交感神経を抑える

小指は心臓や腎臓など循環器の働きを高める

など。

特に高血圧の場合は、小指の爪を揉むのが良いとされています。

また、薬指の爪を揉むと交感神経が刺激されるので、血圧対策にはなりません。

ですので、薬指の除いた指の爪を揉むといいと思います。

力加減としては、やや強めで行ってください。

特に小指の爪を15秒ぐらい強く揉んでから放すと、なんとなくジワーっとしてくるのがわかるはずです。

これは血流が良くなっている証拠ですので、時間がある時などに爪揉みを行ってみてください。

日頃から爪を揉む習慣をつけてみてはいかがでしょうか?

高血圧の原因について!
posted by りょうkouketuatu11ow at 13:50| 高血圧・知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする